8月28日(日)の鳥さんのVol.2です。引き続き、国分川で野鳥の観察・撮影を行っています。
高杯橋の手前付近の葦の藪の中に一羽の見慣れぬ鳥がいました。
IMG_6055IMG_6056IMG_6059IMG_6062





















今年、国分川周りではあまり見かけなかったオオヨシキリでした。しかも幼鳥のようです。
IMG_6071IMG_6072IMG_6073IMG_6075





















非常にきれいで動作が可愛らしい個体でした。見られたのはこの一羽のみでした。
IMG_6076IMG_6077IMG_6080IMG_6084





















そして、この辺りは例の如くカルガモばかりとなっています。普段に比べると数が少ないように感じます。
IMG_6089IMG_6095IMG_6097IMG_6098





















高杯橋から上流側を見ます。やはりカルガモの数はこの日は少なめです。また、雨が降り始めました。
IMG_6101IMG_6114










IMG_6128

上流側に進んでいる途中にもカルガモの姿が見られました。







ダイサギやカワウもいました。
IMG_6131IMG_6146










黎明橋まで着き、引き返し、下流方向に進み始めます。紙敷川の調整池に来ました。調整池内には何も見られず、紙敷川で一羽のハクセキレイがいました。
IMG_6164IMG_6168










コサギもいました。
IMG_6182IMG_6191










国分川に戻る途中の電線には沢山のムクドリが止まっていました。
IMG_6195IMG_6197










残念ながらコムクドリは入っていません。一斉に飛び立つと見事です。
IMG_6200IMG_6203










また、電線に戻ります。非常に沢山の数がいて鳴き声もうるさかったです。
IMG_6207IMG_6211










IMG_6217

国分川に戻って高杯橋付近にはやはりカルガモたちがいました。







サクラの木に何か見慣れぬ鳥がいました。
IMG_6220IMG_6223IMG_6229IMG_6236





















最初はスズメかと思いましたが、何かが違い、よく観察するとシジュウカラの色の薄い個体のようです。
IMG_6239IMG_6249IMG_6250IMG_6251



















IMG_6253


これは非常に貴重です。そして、非常に可愛らしいです。








近くには通常の色彩のシジュウカラもいました。
IMG_6258IMG_6263










こう言った変化のある個体は弱いことが多いのですが、通常通りに元気に動き回っていました。
IMG_6265IMG_6266IMG_6269IMG_6270





















通常の色彩のシジュウカラも元気に動き回っていました。
IMG_6272IMG_6275










IMG_6286

葉っぱをジッと見る表情がい非常に可愛らしいです。








非常に近いところにツバメが止まりました。
IMG_6296IMG_6299










もう一羽現れました。左上の個体の目が変な感じになっていました。
IMG_6314IMG_6317










さらに下流方向に進み、大山橋を渡って少し進んだところでは久々にゴイサギの幼鳥の姿が見られました。
IMG_6320IMG_6357










さらに進み、獅子舞橋付近には一羽のセグロセキレイがいました。
IMG_6375IMG_6393










分水路の奥には夕日が当たってきれいなキジバトが一羽いました。
IMG_6424IMG_6430










この日は久々に出会う鳥が多く、しかも非常に貴重なシジュウカラの色違いを見られて充実した鳥見になりました。この日はこれで終了となります。