以前使用していたMTBは5年半ほど乗りましたが、前後サスペンションの劣化、メイン フレームの損傷のためにそろそろ買い替えが必要になり、近所の自転車専門店で目的のMTBを予約・注文し、本日、取りに行ってきました。
今回購入したMTBはHUMMER DH2618-E(GIC社製)です。毎回ですが、前後サスペンション付きで、18段変速(F3、R6)です。ブレーキはディスクブレーキがよかったのですが、残念ながら前後サスペンション付きのモデルではなかったので、Vブレーキになりました。
以前乗っていた自転車からパーツ(前・右側ライト、ボトルゲージ、サイクル・コンピュータ、バックを取り付けるための荷台)の移植をしてもらい、前後フェンダー、バックミラーについては新しいものを購入し、取り付けてもらいました。以下のような感じになりました。
20221121_12534420221121_125256











メインフレームが非常に太く、頑丈そうで、しかも重そうな感じですが、素材はアルミなので、それほどでもない感じです。フロントも非常に変わった作りになっており、その形状が気に入ってこのモデルを選択しました。

他の細かい箇所です。
左画像はフロント部分です。この形状のものは他を探しても見つかりませんでした。実は、ハンドルノバーが以前のものと比べると短くなっており、当初は不安でしたが、以外にすぐに慣れました。フロント サスペンションの効きも滑らかで良い感じです。
右画像はリア サスペンションです。以前のものと構造が異なり、リアの衝撃を直に受け止める感じになっています。最初に購入したMTB がこの仕様でしたが、やはり、この方がサスの効きが良いように感じました。
20221121_12544420221121_125637











ギヤ周りです。だいたいMTBは全て同じ様な感じでSHIMANO製のものが付いています。まだ乗りたてなのであまりなじんでいないですが、いずれ、良い感じになってくれるでしょう。
20221121_12574420221121_125752











タイヤが以前のものよりかなり細くなりました。これであれば、どんな駐輪場にも停められます。いずれ、タイヤ自体は別のものを購入したいと思っています。また、シートポストの長さが短く、サドルが結構、低いです。こちらもシートポストの変更で対応したいと考えています。
まだ慣れずに違和感は感じていますが、乗っているうちに慣れてくることでしょう。