今年もとうとうこの記事をアップする時期がきました。
今日は今期初のカブトムシ幼虫のマット清掃を行いました。イメージ 1
卵の割出時からコバシャのミニケースを使用していましたが、そろそろ幼虫も大きくなり手狭となってきました。
 
また、大量の糞の存在が確認できたので、マットの清掃、追加も同時に行いました。
 
さすがに右画像の大きさまで成長しているのコバシャのミニケースでの飼育はほぼ不可能な状態でした。
 
しかし、マットが原因か非常に成長が早い気がします。
 
イメージ 2糞の量も大量でした。8頭しかいないのにこの量です。実際、カブト幼虫が食べる事のできるマットの量はかなり少なくなってました。
 
ちなみにこの糞の量ですと、左画像のZiplockが閉じれない状態でしたので、これから移動する飼育マットに多少の量を戻しました。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3新しいマットを敷いた飼育ケースに幼虫を戻してやると、あっという間に潜っていきました。
 
非常に敏速です。彼らは非常に潜るのが速いです。
数分間、外にだしていたので、早く潜りたかったのもあるでしょう。しかし、彼ら、本当に器用に潜ります。
 
この後、ケース上面に新聞紙を一枚張り(湿気が逃げないようにする為、害虫湧くのを防ぐ為)、フタで固定しました。
 
 
イメージ 4また、先日ひっくり返してしまい、飼育環境が破壊されてしまったコカブトムシのケースも清掃をかね、きれいにしました。
 
今回は残念ながら卵、幼虫ともに発見できませんでした。
 
しかし、成虫は皆元気にしてますので、また産卵してくれる事でしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
今日は以上となります。
 
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_gre.gif←ブログランキングサイト「blogram」にてランキングを行っています。
このボタンを押して頂くと幸いです。