今月に入って初めての天体観測の記事をアップします。というか、今日月が替わったばかりですね。
 
今月6月初のアップは月のみとなります。真昼の月です。そして、今日は下弦です。
イメージ 1イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左が撮ってトリミングのみしたもの、右がCanonのDPPとZBで画像補正を行ったものになります。昼間の月でも画像補正を加えれば、クレーター等が見えるようになりますが、やはり夜間撮ったものほどきれいには仕上げれない状態でした。
 
しかし、真昼の月は、そのまま見た方が楽しめるでしょう。眼視に近い星景写真撮影の要領で撮影した月が以下になります。
イメージ 3
青空の中、淡い感じで存在する月です。雲と似たような色をしているので、なかなか見つけ出すのが大変です。しかし、見つけた時の喜びも格別。見つけにくいからこそ、真昼の月は魅かれるものがあるのかもしれません。
 
http://widget.blogram.jp/images/bgButton1_gre.gif←ブログランキングサイト「blogram」にてランキングを行っています。
このボタンを押して頂くと幸いです。