11月23日(金・祝)の鳥さんのVol.2です。Vol.1に引き続き、春木川(国分川)で野鳥の観察・撮影を継続中です。
紙敷川の調整池周辺を回っています。ここにはセグロセキレイがいました。
イメージ 1イメージ 2
また、少し上目遣いのような感じになっています。
その近くにいたダイサギは驚きます。
イメージ 3イメージ 4
実は驚いているわけではなくアクビしているだけです。
セグロはこの周辺を行ったり来たりしています。
イメージ 5
ここではめずらしくカワセミも登場します。
イメージ 6
セグロが2羽かと思って撮ったら両方ともハクセキレイでした。
イメージ 7
パソコンに取り込んで、画像処理中に気が付きました。
先程いたカワセミもこの周辺を行ったり来たりしていました。
イメージ 8イメージ 9イメージ 10イメージ 11
調整池内にはいつもの通り、コサギも一羽のみがいました。
イメージ 12
春木川に戻る途中の農道でネコが寝ています。
イメージ 13
この日は暖かかったので、ここは日が当たって居心地が良いのでしょう。以前にもここでこのネコを見かけています。
春木川に戻りました。バンです。
イメージ 14
子の神橋から上流方向を見ると変わった色のヒドリガモがいました。
イメージ 15イメージ 16イメージ 17
ヒドリガモ×アメリカヒドリの雑種かもしれません。非常にきれいな顔付きをしています。
上のヒドリガモ他、多種のカモ類が集まっています。
イメージ 18
しかし、いる時に比べると少し少ないような気もします。
分水路始点のもう少し先、獅子舞橋の上の電線に今季初認のタヒバリが登場しました。
イメージ 19イメージ 20
その後、川岸に降ります。
イメージ 21イメージ 22イメージ 23
昨年はもう少し早い時期に初認しましたが、今年は少し遅かったですが、ようやく見れました。以前からいるという情報は得ていたのですが、私はこの日が初認となりました。
さらに進んで、今度は分水路の水門の少し奥、トンネルに入る前の傾斜でキセキレイを確認します。
イメージ 24イメージ 25イメージ 26
以前には生えてなかった草が生え、その間を疾走します。緑があると良いアクセントになってくれます。
今度は分水路始点に戻りました。カワセミがいます。
イメージ 27イメージ 28
何と近くにいたトンボを捕ります。
イメージ 29イメージ 30イメージ 31イメージ 32
しかし、羽の存在に悪戦苦闘していました。結局、飲み込む事が出来ず、川にポイ!!
イメージ 33
カワセミのどんよりとした顔つきが印象的な写真になりました。トンボは死に損です。
カモが集まっています。
イメージ 34
その中に先程のヒドリガモ×アメリカヒドリの雑種と思われる個体が・・・。
イメージ 35イメージ 36
顔の感じを見ると先に見たのとは別個体か?
こちらは普通のヒドリガモです。
イメージ 37
この日の分は以上となります。