5月20日(月)の鳥さんです。この日は夜勤明け、一度家に帰り、春木川(国分川)に行き、野鳥の観察・撮影を行いました。いつも通りに分水路の奥から入りました。近くの畑にツバメが入ります。
イメージ 1イメージ 2
たまにツバメが畑に入るのを見ますが、一体何をしているのかは疑問です。夜勤明けで目の調子が悪く、あまりピントがよくありません。
ここでは珍しく一羽のコゲラがいました。
イメージ 3イメージ 4
嘴を木に擦り付けていました。なぜ、この場所に現れたのか、ちょっと疑問です。
イメージ 5
最後は目をつぶりそうな感じでちおちょっと疲れたような表情になっています。後頭部の赤い部分も見えていました。
スズメも現れたと思ったら何と巣立ち雛です。嘴の根本付近がまだ黄色いです。
イメージ 6イメージ 7
頬の黒い斑紋もあまり鮮明ではないですね。顔も幼い感じです。
元気に騒ぐスズメの親鳥もいました。
イメージ 8イメージ 9
風が少々吹いていて風に煽られていました。
分水路内にはコチドリの成鳥が一羽います。
イメージ 10
ここの近くの畑でコチドリが抱卵していましたが、前回、その畑が耕されてしまいましたが、その後どうしたでしょう?その後にこのつがいが交尾していたという情報は入っています。
分水路の始点付近ではあまり鳥は見られず、飛ぶツバメのみが数多く見られました。
イメージ 11イメージ 12
大山橋近くの電柱の天辺にはカワウがいましたが、何か変な格好をしていました。
イメージ 13
これからさらに上流に向かいますが、特に撮る対象のものはいなく、そもそも鳥も見当たりません。黎明橋まで着き、引き返し下流方向に進みます。紙敷川の調整池では電線の上でオオヨシキリが騒いでいました。
イメージ 14イメージ 15イメージ 16
毎年、ここにはオオヨシキリが入りますが、近隣住民はこの声の喧しさにうんざりする事でしょう。昼間はほぼ一日中鳴いていますからね・・・。
コチドリの雛がいる畑に行きました。別の畑に一羽の成鳥がいるのを見ました。
イメージ 17イメージ 18イメージ 19
そして、雛をようやく発見しました。少しの期間でかなり成長しました。
イメージ 20イメージ 21イメージ 22イメージ 23
動き回るのも非常に俊敏です。追うのが大変です。
イメージ 24イメージ 25
ここにいる親鳥が羽を膨らませてバタバタとしていました。
イメージ 26イメージ 27
その後、飛んでさらに遠い位置に行きました。
イメージ 28イメージ 29イメージ 30
コチドリの飛ぶ姿を撮れたのは久々です。これでこの日は終了で、夜勤明けなので、帰って寝んねします。