7月19日(水)にゾイドワイルド ZW20 ディメパルサー(ディメトロドン種)とZW22 ギルラプター(指揮官機)(ディノニクス種)の作成を行いました。ここではZW20 ディメパルサー(ディメトロドン種)について紹介します。まずはパッケージと全パーツ類です。パーツは中型ゾイドのWB(ワイルドブラスト)ユニットの無いタイプです。
20230719_11560920230719_115851










20230719_120009


メカユニットとSパックです。今回のZキャップはあずき色で美味しそうです。アイパーツは赤です。








発掘パックAを開けるとさらに3つの袋に梱包されています。シルバーのフィンが独特です。
20230719_12010620230719_120246










20230719_120336


発掘パックBはアーマ関連のパーツ類です。今回はアーマの数が少ないように感じます。








復元を始めるとあっという間に完成します。骨格形態も良い感じですが、数少ないアーマを取り付ける事で見た目がかなり変わるところが凄いです。完全形態復元もあっという間です。
20230719_12232520230719_123344











そして、以下から動画です。まずは、骨格形態復元完了時です。首を左右に振り、口を開閉、尻尾を左右に振りながら前進します。

次に完全形態復元完了時です。骨格形態復元完了時と比べるとアーマが加わったのみなのですが、全く見た目が変わるのが面白いです。

そして、本能解放時です。手動でパルスチューナーを左右に開くとスペクターフィンが左右に展開します。動作を始めるとスペクターフィンが交互に動きながら前進します。

スペクターフィンの動きが非常にきれいで芸術品レベルです。また、凄いものを出してきたものです。