10月6日(金)に松戸市内の郵便局で発売開始されたオリジナル フレーム切手「松戸市制施行80周年記念」を初日当日に「特殊切手「国際文通週間にちなむ郵便切手」」を購入しに行った際に局員に奨められて2シートをこうにゅうしました。
84円切手×10枚のフレーム切手で販売価格は1,330円でした。
Scan2023-10-18_003

切手は左画像をその意匠は以下になります。

メイン画像:21世紀の森と広場

切手・上段・左から:常盤平さくら通り、本土寺、戸定邸、
矢切の渡し、松戸の梨

切手・下段・左から:森のホール21、
江戸川松戸フラワーライン、21世紀の森と広場、
東松戸ゆいの花公園

鳥見でよく行く場所も3か所が切手になっていました。21世紀の森と広場はメイン画像にもなっているし。私が唯一、行ったことのない場所は東松戸ゆいの花公園のみとなります。今後も良く機会がないように感じます。




また、フレーム切手1部に松戸市のパンフレット1冊が付いていました。
Scan2023-10-18_004Scan2023-10-18_005




















実は中身はまだ見ていません。