3月20日(金・祝)から21日(土)にかけての天体観測です。
20日は夕方に金星を含めた星景写真撮影を、21日は火星・木星・土星の接近をこちらも星景写真撮影を行う要領で撮影しました。その後月の直焦点撮影です。
では、まず20日分の金星を含めた星景写真撮影です。
IMG_8324IMG_8330IMG_8333












明るい時間帯は金星のみが見えていて、その後、暗くなるに従い、夜空に普通にある星々が写るようになってきます。金星の上には牡牛座がいてその一部であるプレアデス星団 スバルも見えるようになります。今後、金星はこのプレアデス星団に近付き、その中を通過して行くことになります。



次に明け方の火星・木星・土星の接近です。
IMG_8371IMG_8378










右側の画像では、星の並びは左画像と一緒ですので、画像中に惑星名を明記するのは避けました。前日の比べて木星が火星に近付いていました。もう少しすると順番が入れ替わりそうな感じです。右の画像では、月も一緒に入れたつもりでしたが、残念ながら写っていませんでした。

IMG_8380

最後に月の直焦点撮影です。月齢26.2の月になります。
この日は以上になります。